鍛造の鍬(製造方法)|全国対応の鍛造農具鍬専門の鍛冶屋。通信販売・修理・オーダーメイドいたします。金物の街、新潟県三条市[近藤製作所]。
鋼の強さを鍛造、焼付けで最大限に引き出します。
鋼は鍛えることにより、組織が密になり、かつ均一となり、優れた刃物となります。


当社では、自由鍛造にて製品造りをし、各種変わり品も一丁から造っています。手仕事ならではの切れ味、手になじむ機能性、使い込むほどに冴える道具造りを大切にしています。  

鋼付け

鋼には炭素鋼または合金鋼、ステンレス鋼を使用。(備中鍬には主にS50C、平鍬・万能鍬にはSKS5二層鋼材)
比較的安価な鉄素材に比べ、ステンレス素材は土がつきにくく作業効率がよいと好評です。
鉄またはステンレス、鍬のいずれの形状でも、両対応ができます。


鍛造

古くから刀製造と変わらぬ鍛造。鋼の強度と粘性を高めるために叩きながら、刃の形を整えます。

 


 

荒研磨

鍛造後に、切断やプレスで形づけた刃を 荒く研磨します。



焼入れ・焼戻し

鋼をより強くするために焼入れ・焼き戻しをします。

 




溶接

鋼の仕上げが終わると、柄の取り付け部分や鍬の形状による溶接作業を行います。製品精度の検査もいたします。



仕上げ

歪みをとり、バフで仕上研磨をし、ニス塗りをします。一丁一丁仕上げた後は、検品をして出荷となります。

ページ上へ